キャリアアップを目指せるフリーエンジニアの魅力

複数の人

キャリアアップも目指せる

女の人

雇用形態を選ぶ工夫

顧客と電話でのコミュニケーションを行う、コールセンターの仕事は正社員や契約社員、派遣スタッフといった様々な雇用形態があります。自分に合った雇用形態の働き方を選ぶ工夫で、ライフスタイルをより充実させられます。隙間時間をうまく生かして、毎月の給料のプラスアルファとしたい、あるいは子育ての合間に少しずつ働きたい、といった方には契約スタッフやアルバイトの雇用形態が働きやすいはずです。コールセンターの仕事はその特性から朝から夜間までの間に、希望の時間帯で働けることが多いため、子供が学校や保育園にいる日中だけ働くといったことも可能です。キャリアアップを目指したい場合は、正社員や契約社員としてコールセンターに働く工夫もお勧めできます。将来的にスーパーバイザーなどのさらに上のポジションを目指せます。

業務内容に注意しておく

テレフォンオペレーターとも呼ばれるコールセンターの仕事は、顧客からの問い合わせの電話に対応する業務です。テレフォンアポインターが電話を発信する業務なのに対し、コールセンターは受信業務となるので、まずその違いに注意をしておく必要があります。コールセンターの仕事は様々です。商品注文受付や予約受付といった商品やサービスの販売対応の他、顧客からのクレーム対応やアンケート調査、ダイレクトメールフォローなどがあります。このように業務内容が会社ごとに異なるため、求人を見て応募するときも、詳細な業務内容を知った上で応募をするようにします。確かめずに応募すると向き不向きもあり、仕事が続かない可能性も考えられるので気をつけたいものです。